2007年05月20日

BB戦士 武者忍剣舞風荒(ムシャニンケンプファー)

kemp01.jpg

今回は、武者忍剣舞風荒(ムシャニンケンプファー)です。これも一昨年くらいに作った奴です。何気に、ちゃんと色塗って完成させた初の武者なんですよねぇ…( ^ω^) Gジェネ版のケンプファーに若殺駆頭付属の武者装備を取り付けたものです。

kemp02.jpg

普通のケンプファーにちょいちょいとパーツを取り付けて胸にシールを貼るだけなのに、かなり武者っぽくなっているのがいいセンスです。写真では見えづらいと思いますが、お腹の周りにRリベットを貼って武者成分を増しています( ^ω^)v

kemp03.jpg

アクセントとして、バーニア部分等にネイルアートのラインストーンを貼りつけてキラキラ感をアップしています。やっぱりBB戦士はキラキラしてないとね〜( ^ω^) 鞘は刀を収納できるようになっていますが、塗装したらギチギチになってしまい怖くて入れられなくなりました…。無理矢理出し入れしたら刀身の塗装がグチャグチャになる事でしょう(´・ω:;.:.
posted by しばたみつまる at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル

2007年05月19日

BB戦士 キャプテンガンダム

capg01.jpg

一昨年くらいに作ったキャプテンガンダムです。BB戦士版ヘビーウェポン・キャプテンガンダムに¥300キャプテンの銃(薄ライフル…)とシールド・ランドセルを取り付けて塗装したものです( ^ω^)

BB戦士は小さいから、基本塗装だけエアブラシでやって後はチマチマと筆で塗ればい〜や( ´∀`) と思って始めたんですが、やはりなるべくエアブラシでやった方が綺麗になるので、一箇所、また一箇所とほとんどの箇所をマスキングして塗るハメになりました…(´・ω:;.:.

cap02.jpg

マスキング地獄は、キャプテンに限った事では無いのですが、結局ちょっと面倒でも、なるべく仕上がりの良い方法をとってしまうのがモデラーの性という奴かもしれませんね。後日紹介する予定の烈光頑駄無などは、まさしく地獄を見た思いです。デフォルメだからと侮られがちですが、マスターグレードの軽く10倍は塗装が難しい題材なのです、BB戦士は…∩( ・ω・)∩
posted by しばたみつまる at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル

2007年05月15日

装着変身 仮面ライダーBLACK & シャドームーン

bk&sm01.jpg

発売前にあんだけ大騒ぎしといて結局買って無いのかよ(^Д^)9mプギャー!! とかひょっとしたら思われてるかもしれませんが、僕がこの2人を買い逃すはず無いじゃないっすか!(#^ω^)ビキビキ 勿論2個づつ買いましたとも!

bk&sm03.jpg

「変身ッ!!」変身の度に、憎きゴルゴムの紋章が左胸に誇らしく輝くカットがなんとも皮肉でシブイです。

bk&sm02.jpg

ライダーパンチやライダーキックを放つ前に、よくパワーを貯めるこのポーズが見られます。すごい光ります。

bk&sm09.jpg

最終回、バトルホッパーの敵を取る事を誓うブラックさん。バイクの敵をとりに行くあたり、さすが光太郎兄ちゃんといった感じです。

bk&sm08.jpg

「ブラックサンを倒し、必ず創世王になってみせる!」仮面ライダー史上初の、悪の仮面ライダーです。勿論、シャドームーンを越えるアンチライダーはこれまで現れていません(断言!!)。

bk&sm04.jpg

47話「ライダー死す!」のイメージで。ライダーパンチとシャドーパンチがぶつかりあいます。

bk&sm05.jpg

「よせ!その体でシャドーキックを使うのは無理だ!」

bk&sm06.jpg

「サ、サタンサーベルを…それが無いと心細くて地獄へも行けん…」

bk&sm07.jpg

光太郎の喉下へサタンサーベルを突きつけるシャドームーン。シャドームーンが剣を止めたのは力が尽きたからなのでしょうか、情けの気持ちからでしょうか。何度最終回を見返しても、彼の真意はわかりません…。


と、2体絡めての遊び甲斐は最高です。

まぁ、微妙に二人とも顔が似てないとか、プロポーションがいびつだとか、結局クリアパーツが排除されてしまったとか、どうにも粗は目立ちますが、よく動く今風の仮面ライダーBLACKとシャドームーンが発売されたというだけでも快挙だと思いますよ( ^ω^)
posted by しばたみつまる at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 合金・プラTOY

2007年05月14日

リボルテック・セイバー

リボルセイバーが我が家にも(大分前に)到着(゚∀゚)!! しましたので、レビューします。今回は他の撮影でブースを設営したついでに撮ったので、綺麗な写真になってると思います( ^ω^)

saber01.jpg

普通の立ち姿からして凛々しくてイイですね〜( ^ω^)b

saber02.jpg

剣を地面に突き立てるポーズ昔から大好きなんですよ( ゚∀゚)!! このアングルから見ると、元々このポーズ固定で造形したみたいにしっくりと来てます。

saber03.jpg

リボルセイバーの真骨頂!大股開きで剣を振るうポーズです。スカートアーマーのおかげで脚の関節が目立たず、またスカートアーマーの接続部がリボ球(小)のダブルジョイントになっていてフレキシブルに可動します。巨大なガントレットのおかげでリボ球の埋め込まれた手首も自然です。

saber04.jpg

不可視の剣を持たせると、何やらトランスフォーマーヲタの血が騒いできますよ(#^ω^)ビキビキ(違

saber05.jpg

ちょっと違うパターンで地面にカリバーンを突き立ててみました。

saber06.jpg

流し目線が、カッコイイ!可愛い!た、たまらん・・・(;´Д`)ハァハァ 吊り目で凛々しいヒロインって、どうにも健気に見えてしまいます。

saber07.jpg

後ろ姿を一枚。

saber08.jpg

みんなとりあえずやるよね〜( ´∀`) の二刀流です。いちいち箱に仕舞うの面倒臭いし、どこかに収納できるわけでも無いので、この状態でおもむろにパソコンデスクの置いている人も多いのでは無いでしょうか。

動かすのが楽しすぎて、へたらないのが売りのリボルジョイントがへたるまで遊んでしまいそうです。甲冑ヒロインを可動フィギュアにするというコンセプトが大ヒットです。普通の女の子フィギュアを可動にしても不気味になりがちですもんねぇ(もちろん、可動ドールは別ですよ)。これは、セイバーならではだと思います(*^ω^)

リボルテック・セイバー from Fate/stay night

リボルテック・セイバーオルタ

posted by しばたみつまる at 02:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | フィギュア

2007年05月12日

覚書き

リトルバスターズ! 初回限定版

かなり前にリトルバスターズの発売日が決まってましたよねぇ〜( ^ω^) 楽しみ楽しみ。
posted by しばたみつまる at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出遅れNEWS

2007年05月10日

蒼穹のファフナーのキャラクター造形

ファフナーを見ていてよく思う事・・・といいますか放映当時の
第一印象とも繋がるのですが、蒼穹のファフナーのキャラクターデザインについて思うところです。

第一印象ですが、ルックスがみんなパッとしないんです。
女の子キャラも多いのですがグッと来る子が最初はまずいません。
翔子などは、OPのカットが良い事もあり綺麗どころでねらい目かと思うと
本編を見ると野暮ったくて大して可愛くない真矢もどこにグッと来たらいいのか・・・という感じで
さらに咲良などは萌えという観点からみたらかなり論外という印象です。
中盤から出てくるカノンも軍服着たきりで、なんだか運動部系の
いつもジャージを着ている子っぽい
むさくるしさを覚えます。

一騎は、いかにも主人公的に爽やかな二枚目半キャラっぽいんですが、
中途半端に伸びた髪形が微妙にむさくるしい感じです。声も甲高くてちょっと見た事の無い感じです。また、こいつは常時、総士の事ばかり考えています
総士は、かなり美形の二枚目パターンに近いのですが、妙に生っちろくて
顔色が変です。顔の傷跡も美形キャラクターにそぐう感じでは無く痛々しい感じで、時折出てくる私服のセンスが明らかに破綻しています。また、生徒会長でもやっているのがお似合いの超堅物のくせにポエムが趣味です。さらには、常時一騎の事ばかり考えています


中盤、満を持して覚醒する乙姫は、ものすごく可愛いです。
小柄で儚げなルックスに、甘い癒し系ボイス。初登場時はダブダブTシャツ一枚で歩き周り(パンツ履いてなかった説有り)、ひっくり返って泥んこになる等、蒼穹のファフナーでこんなに萌え悶える日が来るとは…(*´∀`) やっと可愛いのが出てきたのか・・・( ノД`)と一服の清涼剤のような感覚を覚えるキャラです。

普通に見ると、いかにも萌えられるのは乙姫くらいしか居ない事に気付きます。
乙姫だけ可愛いのは何故なのか。それは、彼女が「容姿の美しい」キャラだからです。


ガンダムSEED以降の作品という事もあって、平井キャラといえば美形の宝庫
的なイメージが当時としてはありましたが、そのタイミングで登場した
竜宮島の少年少女達は、悪評高い頬の縦線(これは単純に良くない差別化と思いますが・・・)
と相まって、視聴者受けはかなり悪いものでした。
女の子が可愛くないからと、(しかもエヴァンゲリオンのパクリ臭い演出も鼻につき)早々に視聴を切られるタイプの作品でした。
というのも、実は蒼穹のファフナーのキャラクターは美形ではなくて、
ステレオタイプさからはやや外れたその世界の「普通の容姿の」少年少女だったからです。

ストーリーを追う毎に、絶滅危惧種の日本人の生き残りをかき集めた竜宮島の物寂しいイメージを
いびつなリアリティで表現された少年少女達が静かに引き立てているのが、魅力です。

親父の作戦を無視して甲高い声で吼えながら物凄い勢いで島を危険に晒す一騎
歯並び悪いんじゃないかと思うような声で熱く思いの丈をまくしたてる真矢、
とても似合わないパンクルックで一騎にクソ真面目な説教を垂れる総士、
せっかく容子さんが翔子の形見の余所行きを着せてくれたのに、やっぱり全然似合わないカノン…

等、他では見られない本当に個性的なキャラクター達が繰り広げるSFドラマなのです。
悲しみと絶望に淀んだ世界で、活き活きと健気に活躍する彼らの姿が蒼穹のファフナーの真髄です。




そしてここまで書いて思うのが、
何だかんだ言っても結局、乙姫が一番萌えなんだよなぁ、という事です(*^ω^)
posted by しばたみつまる at 00:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ

2007年05月04日

ドラクエ3 闇ゾーマ一人撃破達成

先日、実に今更と申しますかFC版ドラクエ3の玉無しゾーマの一人撃破を達成しましたので、ドラクエファンの端くれとして報告をいたします(;^ω^)

zoma1.jpg

遊び人(Lv20)→賢者(Lv99)→武闘家(Lv99)の転職を経て、また不足分のHPと力を大量の種でドーピングして仕上げました「びあん」さんで挑戦します。HPは999までしか表示されていませんが、1000ちょっとくらいです。

zoma2.jpg

本当はビビアンって名前つけたかった・・・orz

zoma3.jpg

いよいよ戦闘開始。ちなみに他の面子もびあんと同等の能力なので4人でかかると光の玉を使わなくても、ゾーマですら遊び相手にもなりません。

zoma4.jpg

1回のターンで300超のダメージをくらう事もしばしばなので、なるべく余裕を持って回復します。こちらのすばやさがMAXでもよく先手をとられるのでここで油断をするべきではありません。

zoma5.jpg

バイキルトをかけてもすぐに凍てつく波動で無効になるので、とにかく会心の一撃が出るまで殴りまくります。ゾーマは毎ターンHPが100ポイント自動回復するという事なので、通常の打撃ではダメージが通りません。

zoma6.jpg

ひたすら殴り→回復→殴りを繰り返してダメージを通し続けると、なんとか倒す事ができました。ベホマしか使って無いにもかかわらず、かなりのMPを消費しています。HPが充分に無いと、ベホマを使わなくてはならないターン数が増え、なかなかダメージが通りません。

zoma7.jpg

ランシールバグでレベル上げ&種増殖によるドーピングを繰り返しはしましたが、戦術的には正攻法ですよね。4人がかりでは最早生ゴミ同然の相手ですが、一人撃破となると会心の一撃が出易い武闘家以外の職業で倒せる気はしません。やはり、闇ゾーマは倒し甲斐のあるラスボスと言えるでしょうね( ^ω^)
posted by しばたみつまる at 03:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月03日

積みプラ消化

gw07.jpg

たまには積みプラを消化するべく、物凄い勢いであまり興味ないどうでもいい感じのキットをパチ組み。

若神丸→金棒の中に刀を仕舞える・鎧を色々組み替え出来る等々で、遊び甲斐はなかなかだが、デザインに魅力が感じられない・・・。

武者ガーベラ→¥500クラスでメッキ&クリアパーツ仕様という事で価格の割りに豪華。だが、何の仕掛けも無く面白くもなんともない。見た目は結構イイと思うけど・・・。ガーベラに限らず武者ジェネは総じてそんな感じ。でも、初めて買った武者って武者ターンエーだったなぁ・・・。

ガンダムマックスター→ラメ入りクリアパーツに、カラフルなホイルシールの山!可動部分も多く、 これでもかとオリジナルギミックが詰め込まれてて・・・。 やっぱり、SD黄金期のキットはセンスが良いです。肉抜き穴も無いし。

黒龍頑駄無→マットな質感のホイルシールが結構珍しい。クオリティは高いと思う。やっぱり番長シリーズは1体だけあっても空しいね。

風車の百式&うっかりざくれろ→世界観を広げる脇役セット!武者バトル最強チームセットのメッキ仕様の二体はわりと必携アイテムかも。武者激闘頑駄無と武者全武装頑駄無に取り付ける風雷の神器がメッキ仕様になってるのもポイント。

天零頑駄無(クリア仕様)→クリアフェチの人はそのまま組んでクリアパーツの美しさを堪能できる一品。剣や鎧等、通常版と混ぜて作ると一味違う仕上がりになりそう。輝羅鋼形態にして正面から見ると、クリアである意味が無くなるんじゃないかと思ったけど、やってみるとそうでもない。
posted by しばたみつまる at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル

2007年05月02日

モエスタ投稿イラスト

toukou070304[2].jpg

「電撃G'sマガジン 6月号」読者投稿コーナーモエスタの169ページに、イラストが掲載されました。

腕試しにと投稿したものですが、カラーページにコメント付きで掲載されたので、非常に嬉しいです(*^ω^) また投稿してみたいと思います。

電撃G'smagazine (デンゲキジーズマガジン) 2007年 06月号 [雑誌]

なお、同じ内容で上毛ブログにも記事を掲載しておりますm(--)m

http://jmstuff.seesaa.net/article/40559512.html
posted by しばたみつまる at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。