2007年08月09日

1/100 ウイングガンダム

今日はお気に入りの中のお気に入り、1/100ウイングガンダムです( ^ω^)

もう、このキット大好きで大好きで何回買ったかわからないくらいなのです。SF的センスに優れているディティールがすごくかっこいいのです。シンプルながらよく動く関節といい、クリアパーツやジュエルシールのアクセントといい、パチ組みでも楽しめます。最高のガンプラです。

wingg001.jpg

設定のイメージを尊重しつつも、プラモデル独自の解釈で無骨かつスタイリッシュなプロポーションでまとめられています。
色分けも完璧とは言えませんが、パーツ数の制約の中ではかなり頑張っていると思います。シールは基本的にあまり好きじゃないので、貼ってないです(;^ω^)

wingg002.jpg

翼や大きめのライフルが映えるようなポーズで決めたいですね。がっつり色分けされた肩口がいい感じです。塗装するには一工夫いりそうですが…。

wingg003.jpg

今回は、目の黒いところを塗って、クリアパーツの裏にメタルシールを貼って反射するようにしてあります。パチ組みで楽しむ場合も、これだけはやっておくといいです。

wingg004.jpg

発売当時、感動したのは腕の変形ギミックです。この手の変形メカは手首差し替えというのが常識の時代でしたが…、

wingg005.jpg

カッチリと手首が収納されるんです!これは嬉しい(#^ω^)

wingg007.jpg

バードモード時には、クリアのエフェクトパーツがついていてちょっとゴージャスな感じになります。
これは今の目で見ると変なおまけなのですが、¥1500という価格帯から察するに、当時のBB戦士の大箱キット(大将軍とかリアル武者のクラス)を意識して、高級感やゴージャス感を演出したかったのではないかという意図が見え隠れし、時代を感じさせます。
クリア・メッキ・ホイルシール・ジュエルシールといったキラキラ素材を意識的に投入してるあたりも、非常に大箱のクラス分けを匂わせますです。

wingg008.jpg

変形完了時のキュピーン!!をイメージしたアオリのカットです。下半身のたくましさが目を引きます。

wingg010.jpg

6話の「何故なんだぁーッ!!」をイメージして。シールドの繊細なパネルラインがたまりませんよホント( ^ω^)

wingg009.jpg

変形ギミックの恩恵で、膝立ちが出来ます。これは当時、かなりインパクトがありました。
「何故殺せないんだ…!」のポーズもとれてしまうのです。
ここは、リリーナを殺そうとしたはずが身体が勝手に騎士の忠誠のポーズをとってしまっていたという、非常にWらしいユーモアを感じさせるシーンでした。
ちなみに、本編の絵ではシールドの大きさが2回りくらい大きいので、全く同じポーズにはできませんw

wingg006.jpg

ビームサーベルを構えて@

wingg011.jpg

そのA

wingg012.jpg

そのB

バスターライフルは3発しか撃てないので、すぐに撃ち尽くしたライフルを捨ててサーベルを抜くというのがお約束でした…。
posted by しばたみつまる at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル

2007年08月04日

電撃G'sマガジンに掲載されました( ´∀`)

toukou20070622(small).jpg

前回、6月号に続き「電撃G'sマガジン 9月号」読者投稿コーナーモエスタの178ページに、イラストが掲載されました。

今回は、カラーでの掲載ながらコメントなしの一番小さいサイズ(絵の中味がよくわからない…)ですので、微妙に残念な感じです。今後も空気を読まずオリジナルのキャラクターを描いて一番大きいところを狙っていきたいと思います\(=ω=.)/
posted by しばたみつまる at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。